クリスマスの由来

クリスマスの由来について

「クリスマスの由来」って知っていますか?

 

クリスマスって漠然としたイメージはあったとしても、本当の意味や由来はあまり知られていないみたいですね。

 

クリスマスとは、本来「収穫できたことへ感謝し、冬に備えて栄養を摂る」というのが目的で行われていたクリスマスですが、長い歴史の中で、様々に変わってきています。
しかし、自分自身生きている事に感謝して、大事な人との絆を確かめる日という部分は変わらず、全世界で共通していますね。

 

クリスマスの語源は

【Christ’s Mass:クリストゥス マッセ】という「キリストのミサ」というラテン語から語源が来ています。

 

クリスマスそのものの由来

諸説あるみたいですが…、「太陽神の誕生祭」や「農耕神への収穫祭」といった古代ローマで冬至に行われていた行事が、イエス・キリストの生誕祭に結びついたらしいです。

 

この太陽神を進行する異教というのが、非常に大きな勢力を持っていたそうで、この太陽神を祭る祝祭日とされていたのが12月25日ということです。

 

この異教徒の人達と対立することなく、スムーズにキリスト教を受け入れてもらい、広めるために、同じ12月25日をキリスト生誕の祝祭日【クリスマス】になったという訳です。

 

この由来を証拠付ける内容として、元々クリスマスというのは、収穫を感謝するために冬至に家族や友人と集まり、宴会をして厳しい冬に備えて体力を付けていた行事だそうです。

 

その後、イエス・キリストが「ベツレヘムの馬小屋で生まれたと言われる日を宗教的な意味合いで追加され、それが今に至るという事です。

 

実際のところは、イエス・キリストが12月25日に生まれたという確証は無く、宗教や政治的な背景があるようです。

 

イエスキリスト




本来の正しいクリスマスの祝い方

海外ドラマなどではクリスマスを家族で静かに祝うようなシーンがよく使われていますが、本来はこのような祝い方が正しいとか。
身内や仲間で集まり、ホームパーティーを開いて食事、そして教会へ行ったりするのが一般的です。

 

ケーキ

クリスマスケーキ

クリスマスケーキも、日本のクリスマスといえば、サンタの飾りとイチゴが載った生クリームたっぷりの豪華で華やかなケーキが一般的ですが、本来はドライフルーツやナッツを使った長期保存ができるフルーツケーキ系が一般的です。

 

 

プレゼント

プレゼント

恋人や家族へクリスマスプレゼントを送るという習慣は同じですが
高価なプレゼントが多い日本のクリスマスに対して、欧米では手作りの物など心のこもった物が基本のようです。



更新履歴